watalogo.jpg茨城県と埼玉県で畳の事なら置き畳から琉球畳まで

日本の畳を守りたい(有)渡沼畳店

幸手市、久喜市、古河市、加須市、五霞町が地元です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


TEL:0280-84-1302
朝8時から夜7時まで日祝定休
畳だけでなく襖と障子
網戸の張り替えも社内でやってます。

春日部市の畳替え、市松表で表替えさせていただきました

 

「 ある日、孫が泊りに来て、バーバ畳汚いネ! と言われ、考えてみれば27年? 2階なので誰にもみられないという気持で、洋間を和室に変えよく使いました、もうボロボロでした。
今回下見に来られた時、初代さんの丁寧な仕事に驚いていましたね、仕事には正面から向き合い。使い勝手、美しい仕上りと、代々渡沼畳店のモットーと強く思いました。
今回も市松畳、ふす間を開けるとではなく、ドアを開けると畳の良い香り、小さい頃を思い出し、日本人で良かったと思いました、有りがとうございました。」

 

春日部市にお住いのお客様宅の畳替えです。

20年位前に父が納めた畳を、今度は二代目の私渡沼克美が張替えをさせていただきました。

実はこのお部屋は洋室なのですが、当時採寸してピッタリに畳を作って納めた畳でした。

まだ私が畳屋をする前、高校生くらいのころでしょうか?

洋間はドアの部分や収納の部分が、他の部分より奥に引っ込んでいたりして、畳を敷きこむにあたり切欠きの加工をほどこさないと納まりません。

その納まり、寸法精度が素晴らしく父が作った畳に驚き少し感動しました。

そんなきちんと納まった畳、父が昔作った畳を今回は表替えということで、前回以上にきれいに仕上げたいという気持ちと、親父やるなって気持ちといろいろ感慨深いものがありました。

 

きちんとバッチリ納まった畳を確認して一安心。

それを最初から見てくれていたお客様には大変喜んでいただけたようでなによりでした。

今回使った材料、畳表は熊本一の市松表。

上品な鮫小紋の畳縁。

 

素敵な畳ある和み空間に生まれ変わりました!

 

 

s様、今回このようなご縁をいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

埼玉と茨城の県境 小さな五霞町から、日本の畳を守りたい
畳・襖・障子・網戸
春日部市で、畳のことなら 有限会社 渡沼畳店
tel0280-84-1302

五霞町元栗橋2843-2
受付8:00~19:00
http://watatami.com

 

 

 

 

 

コメント