watalogo.jpg茨城県と埼玉県で畳の事なら置き畳から琉球畳まで

日本の畳を守りたい(有)渡沼畳店

幸手市、久喜市、古河市、加須市、五霞町が地元です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


TEL:0280-84-1302
朝8時から夜7時まで日祝定休
畳だけでなく襖と障子
網戸の張り替えも社内でやってます。

未分類

  • 茶室へのリフォーム工事、畳工事をさせていただきました
    京都の親方、嵯峨藤本畳店さんは、

    裏千家御家元御用達の畳屋さんです。
    修業時代に、たくさんの茶室の畳を手がけさせていただきました。

    茶室はお茶事をするための空間ですので、当然普通の座敷や客間とは違って参ります。
    亭主がお点前する畳、道具を置くのはここ。

    お茶碗を置くのがここ、お客様が座るところ、お客様が出入りするところ、亭主が出入りするところなどなど…
    渡沼畳店では、茶室の畳仕事は、お茶事をするのに、何も気にならない、ストレスなくお茶時をできる畳が一番だと考え一枚一枚素材、厚みや寸法の割付など1mm単位で、お茶時を想像しながら仕上げるよう心がえています。
    いろいろ考えると本当に仕事が難しくなって来ますが、今の畳に少しでも不満がある方はご相談いただけましたら幸いです。
    埼玉と茨城の県境 小さな五霞町から、日本の畳を守りたい

    畳・襖・障子・網戸

    有限会社 渡沼畳店

    tel0280-84-1302
    五霞町元栗橋2843-2

    受付8:00~19:00

    http://watatami.com

  • hagaki_0032

     

    「たたみと襖を新調して、たたみの香りもあり、部屋の空気も一新して良い気分です。
    飲料、衣料と外国製品が巾を利かせる昨今、日本の文化でもあるたたみや襖は(経済的な問題はあるけれども…)出来るだけ国産品でと思っています。
    ていねいな仕事、ありがとうございました。」

     

    t様、お世話になりました。

    また、コメントまでいただきありがとうございました。

    熊本産の天然い草で織った畳表と外国産の畳とでは、数年後の焼け方、すりきれなどの痛み方が

    全く異なります。 丈夫で、きれいな明るい黄色になった畳はまた美しいです。

    変化をたのしんでいただけたらと思います。

    ありがとうございました。

     

     

    埼玉と茨城の県境 小さな五霞町から、日本の畳を守りたい
    畳・襖・障子・網戸
    有限会社 渡沼畳店
    tel0280-84-1302

    五霞町元栗橋2843-2
    受付8:00~19:00
    http://watatami.com