watalogo.jpg茨城県と埼玉県で畳の事なら置き畳から琉球畳まで

日本の畳を守りたい(有)渡沼畳店

幸手市、久喜市、古河市、加須市、五霞町が地元です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


TEL:0280-84-1302
朝8時から夜7時まで日祝定休
畳だけでなく襖と障子
網戸の張り替えも社内でやってます。

【事業拡大に伴い、一緒に頑張ってくれる畳スタッフを募集しています!】

有限会社 渡沼畳店

日本の伝統文化ともいえる畳

一人でも多くの方に畳の良さを伝え、後世に伝えたい。そんな思いで日々活動しています。

メインとなる仕事は、一般住宅の畳やふすまの張替え

お客様宅へ引き取り、張り替え作業、仕上げた商品のお届け設置。

傷んだ畳が、真っ新な青畳になると、お客様から …わぁ!きれいになった!と喜んでいただけるやりがいのある仕事です。

国家資格一級畳技能士のお店。

畳についてひとつひとつ覚えながら、

畳をめくる、敷き込む作業、畳を剥がす作業、それができたら、最新の畳縫いつけ機械を使って、畳作りに入ります。

渡沼畳店の作業風景動画

当社のシステムでは、やる気さえあれば、一人で畳の引き取りから納品までのスキルを覚えるのに、2年たらずで覚えてもらう事ができます。

ただ今業務拡大につき、一緒に頑張ってくれる人員を募集しています!

畳や和の文化、モノ作りが好きな方で、体を動かすことが好きな方が向いているようです。

私と一緒に頑張って、充実した私生活を送りましょう

まずはお気軽に、職場を見学に来てください。

見て聞いてやってみようとたいと思ったら面接しましょう!

あなたとともに会社が共に成長していく様に一緒に頑張りましょう!

渡沼畳店二代目プロフィール

初代邦光が創業、長男として生まれる

高校の時父の勧めで畳屋をすることを決心

気付いたら京都で修業することに

お世話になる事になったのは、京都迎賓館など手がける一流の京都の老舗嵯峨藤本畳店さん

厳しい修業の中、畳の素晴らしさ、畳職人に惚れ込む。

修業を終えて渡沼畳店二代目として入社

ふすまや障子網戸を内作化

畳の良さを伝える畳教室など展開

新たに畳と向き合うため文化財畳保存会の研修生

二人の息子を持つ父親

41歳

正社員 給与21万から40万

経験者優遇

8:00から17:15

日・祝休他2日休日

年末年始休暇有り

年間休日日数100日程

社保完備

自動車運転免許MT

18歳から40歳くらい

スマホが使える方

業務の内容

畳ふすまの引き取り、納品

畳の製造

ふすま、障子、網戸の張り替え

その他

渡沼畳店の作業風景動画

コメント